この日は午後まで空の調子が良かったので、
夕方前に茶畑を撮って回りました。

この日の朝に新芽が摘まれてしまったとのことで、惜しいタイミングでした。
地主の方がお茶刈り機に乗って刈っているところも見ました。

残念ながら新芽はないのですが、光線状態が良く、大変美しかったです。

この場所からは定番スポットなので、多くの作品がネットにも出回っていますが、
ある1つの作品だけは、あらゆる点においてパーフェクトに仕上がっていると感じています。
その作品がこれです。↓
http://www.fujisan-kkb.jp/gallery/detail.html?CN=48364
タイトル「八十八夜の頃」 第6回富士山百景写真コンテスト エリア賞を獲得してる作品です。

この作品はテレビ番組の「ほこ×たて」にも登場していました。

なぜこんなにも美しいのか?を研究していたら、光線状態が午後であることに気付いたんですよ。
この時期の午後に空が澄み渡っていることはかなり珍しく、それだけでも難しいことです。

その他にもこのエリア賞作品には、上空の雲の模様、”丸刈り”の茶畑、そして新芽とすべての条件が100点満点です。

私の写真と比べてもわかるように、今はこの茶畑は丸くありません。
なので同じ写真を撮るのはもう無理なのですが、
光線状態と空気感が似た状態であることから、少し「憧れの作品」に近づけることができたと思いました。

ただこの一枚も空の色は少しいじっているので、それでやっとという感じです。
今回は、憧れの作品に少し近づけたことが嬉しかった、という一枚です。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月20日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。