山中湖からの夕焼けです。
この日は期せずして夕焼けが撮影できました。

朝は上高下でのダイヤモンド富士撮影、夕方はパール富士を狙おうかと考えていました。

しかし一日がかりのロケハンで心身ともに疲労、また寝不足…

仮眠の後、なんとか辿り着いた山中湖。

気付けば空に薄雲が広がり、夕焼けの予感?

しかしこの日の目的はパール富士。
普段はこのあたりで撮影しないのですが、パール富士が狙えるためこの位置にいました。

逆さ富士は期待していませんでしたが、思ったより風が穏やかで、割りと逆さ富士がしっかりと見えていました。

頭の中は夕焼けよりパール富士だったのですが、夕焼けも素晴らしく、しっかりと撮影。

実はこのときも画面の中に月はあるはずなのですが、空が明るすぎて姿が見えません。
この後、暗くなったタイミングでなんとか見えました。

思いがけず撮影できた夕焼けも、なかなかのものですね。

薄雲発生の原因は日本海に発達し始めた低気圧で、富士山より北側を主に高層雲が発生しました。
西側の低気圧の場合は夕日を邪魔する雲が出るのですが、北側の低気圧であれば、
西陽が差し込む西側に雲が出にくいため、夕焼けとなります。

パール富士で頭がいっぱいでしたが、この夕焼けはある意味で「想定通り」でした。

-

ところで話は変わりますが、この山中湖・大池付近からの富士山というのもなんとも素敵です。

山中湖が際立って巨大ということはないのですが、富士山からの距離が近いため、山中湖の端と反対の端では、富士山の見える角度が違います。

逆さ富士が見えやすいことから、平野や旭ヶ丘方面の撮影が多かったのですが、あちらだと富士山がのっぺりとしてキレがない印象となります。

一方でこちらの長池、大池方面から見る富士山はシャープに立ち上がり、
また吉田登山道・須走登山道の合流地点を中央に従えて精悍な出で立ち。

よくよくいろいろな写真を見返していたら、こちら側からの富士山に惹かれています。
花の都公園や忍野からの富士山に近い方角ですね。

今回はいい夕焼けが撮影できましたが、こんどは朝の紅富士も狙いたいです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年12月26日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。