富士ヶ嶺高原で見たパール富士の、めいっぱい望遠撮影版。
ノートリミングです。

わずかに色づいた富士山の山頂、そこから月がそっと顔を出します。
まだ外は明るいので、ダイヤモンド富士や真夜中のパール富士のような輝きはありません。

音もなくそっと頭を出す月が、不気味にも感じる瞬間です。

APS-CサイズセンサーのD7000+500mmレンズで、35mm換算約750mmで撮影できます。
フルサイズでないと画質がやや劣りますが、カメラは使いどころが大事だと思います。

50-500mmの高倍率ズームレンズは重さにして約2kgもあり、
大型三脚に固定しましたが、それでもブレやすいです。

500mm端での撮影はかなりシビアなもので、ファインダーを覗いても本当に簡単にブレそうです。

こんな時に限って、レリーズコードを本番直前に断線するトラブルがあり、
シャッターは手で押しています…。
ミラーアップを使い、慎重に、慎重にシャッターしました。

そもそもミラーアップしても多少の衝撃はあることと、
レンズの解像度が望遠端でイマイチであることもあり、
なんとか手押しシャッターでのブレは最低限に抑えられたように思います。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月21日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。