残雪期の南アルプスで見た感動の光景。
富士山が空に浮かんでいました。

通常、南アルプスに登れるのは夏だけなので、
雪のついた富士山を望むのは難しいことです。

当日の朝に国師ヶ岳に登っており、標高の高いところでの富士山の見え方や、
残雪、気温の状況を掴んだため、鳳凰三山に挑戦しました。
国師ヶ岳からはこの鳳凰三山も良く見えるので、残雪状態を望遠レンズで直接チェックするという荒業も使えました。

本番は翌朝の雲海でしたが、風が弱かったために、夕方に割りとスッキリしました。
日中は雲が多くて厳しいかと思いましたが、夕方に一気に落ち着いて、富士山を隠していた雲も取れ。

予定を大幅に上回り、日没の1時間前に到着できたので、ゆっくりと夕暮れの撮影ができました。
薬師岳の山頂(観音岳寄りのピーク)から撮影しています。

太陽はちょうど真後ろ、仙丈ヶ岳の方へと落ちていきましたが、かなり分厚い雲に覆われて、夕焼けは期待できません。

やはり、富士山が紅色に染まることはなく、この日の夕暮れは終わりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月10日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。