夜中から雲海がいい具合に広がっており、撮影していました。

深夜、未明、薄明、朝焼け、日の出…ひたすら撮影を続けましたが、
この日の雲海は素晴らしく、長続き。

風向きは南の微風で、太平洋から山間部を通って湿度がやってきます。
甲府盆地は、太平洋から湿った風がやってくる通路がありますね。

もっと早いうちに雲海が消えるかと思っていましたが、
いつまでも消えずに、終わらない撮影。

富士山はパッとしませんでしたが、この大雲海は素晴らしい。

このシーンは、すぐ手前のところにモコッと非常に存在感のある塊が発生したときのもの。

雲海は常に動き続けており、少し姿が変わるたびにシャッターを切ります。

ただ平らに広がるだけでなく、このように形があり、凹凸があるとより素晴らしいです。

非常にインパクトのある雲海に、上手いこと光も当たって陰影ができました。
素晴らしい瞬間です。

この日はとにかく雲の演出が面白い、素晴らしい時間でした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月9日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。