富士山カメラマンに人気がある被写体のひとつ、
三つ峠の樹氷と富士山です。

大山行男氏が幾度も撮影しているシチュエーションで、
カレンダーなどにもよく採用されているため影響された人が多いのではないでしょうか。

私も憧れて、雪が降る度に足を運びました。
そして初めて雪の斜面と富士山を望むことができ、大変感動した朝の一枚。

日が昇ってから撮影場所を移動して撮影したもの。
撮影直後は朝一番のショットに満足してしまい、この写真はしばらく蔵に眠っていました。

あとで見返すと、手前から奥にかけての木々の立体感が素晴らしい広角の一枚です。

この日は着雪はあまり濃くなく繊細で、
日が昇るとたちまち剥がれて落ちていってしまったことを覚えています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年6月2日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。