高ボッチからの黄金の大雲海と富士山。
超旧作をピックアップしました。

私が初めてのフルサイズカメラD700を持って
初めて富士山撮影に出たときの一枚です。

以前からの考えでは、「写真はセンス」だと思っていて
知識や経験で写真の善し悪しはさほど変化しないと思っていたのですが、
その考えが、若かった。

たしかにテクニックやセオリーみたいなもを学んでいき、
写真のレベルは高まっていくようです。
もちろん、センスを磨くことも大事です。

そういうわけで、写真の再チョイスからはじめて、
現像、トリミングも行って仕上げました。

何もわからず富士山を追いかけていた初心者ですが、
なかなかの大雲海に出会えたものです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年6月1日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。