旧作から作り直した山中湖の月と富士山です。
過去写真見直しの機会に発掘。

この日は「シンプルに山中湖で紅富士を撮りたい!」と思って撮影に出たことを覚えています。

結果は前雲が湧いて失敗!
しかし偶然にも月が近くにあり、望遠で切り取ったものは当時から作品としてありました。

今回は広角気味のカットを発掘して作品化。

富士山に雲が掛かっていますが、それも味。
富士山の色付きも月の輝も非常に美しいです。

最近は大山行男氏の作品をたくさん見ていたため、影響されてスクエアにトリミングしました。

「必ずしも綺麗な富士山ではない」彼の作風にもよく見られるシチュエーションです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年6月2日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。