「雲海に浮かぶ富士山と天の川」は、何年も前から狙っていたシチュエーション。

それはいつか新道峠を訪れたとき、現地は雲に包まれていたものの、
一足先に現地入りしていたカメラマンが一瞬だけ見せてくれた写真。

それが雲海に浮かぶ富士山、そして天の川の写真。

あれから「いつか撮りたい」と頭の片隅にはあったイメージ。

しかし条件はなかなか揃わないし、このシチュエーションをものにするのは思ったよりも難しいです。

また、積極的に狙いにいっていなかったことも事実。
星景はあまり得意としていないし、雲海が出れば別のところへ向かっていたかも。

何年かの月日を経てようやくやってきたこの日。

いつしか「撮ってやる」という気持ちが強くなっていて、行動に出ました。

不運にもメインレンズなどが修理中で手元になく、
普段は使わない魚眼レンズにすべてを託して撮影に向かうことに。

天気予報は晴れ、しかし前日の雨などを考えるときっと雲海になる。
天気図を見ると高気圧がなく雲海が安定しないかとも思いましたが、一か八か。

道中では雨も降っておりますます不安に。

山へ登るとガスにも巻かれてピンチかと思われましたが、
次第にガスは晴れて文句なしの天の川が出現!

徐々に空を動く天の川が富士山の真上を通過する頃、
雲海の表情も実に見事になりました。

移動する星空、うごめく雲海、長秒のシャッター時間。
長いはずの夜があっという間に過ぎてきます。

こんな夜は2台のカメラを使って精一杯撮影したいところでしたが、
機材修理中につき贅沢は言えず。

いいタイミングで天の川を突き抜けるようにISSが入り込んできましたが、これも一緒に含めることにしましょう。

長年の狙いがようやく形になった、素敵な夜でした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年5月25日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。