本栖湖からの星空です。
撮影地に向かう移動の最中でしたが、空が綺麗だったのでついつい撮影。

雨上がりでヌケが良く、雲海が漂っていました。
知人のタケさんが既に撮影しており、左の雲はある時から湧いてきて動かないと言う。

この日はライブカメラでも富士山がよく見えなかったのですが、
実はヌケが良すぎると、空が光を反射しないため暗くなると思われます。

この日はそれくらい空が真っ暗だった。
星の輝きに透明感があり美しかったです。

富士山の背景が「空」ではなく「宇宙」だと思うと、
とても壮大なイマジネーションが湧いてきます。

絞りを開放にし、感度を上げてもなかなか写らない富士山。
それだけ澄んだ空だったということです。

富士山の背後からちょうど天の川が昇り始めようとする時間でしたが、
この後の撮影のため、滞在できませんでした。
ちょっとだけ見えているように思います。


この後はダイヤモンド富士を狙いに七面山へ。

本栖湖にAM01:30で、06:08の七面山ダイヤモンド富士を狙う私はアホですね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月23日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。