奥秩父連山稜線エリア(山梨県・長野県)

奥秩父連山は、”王者”と呼ばれる金峰山をはじめ、標高2500m前後の名山が連なる山奥のエリアです。日本百名山の甲武信ヶ岳、雲取山を含む主稜線上をこのエリアとしました。いずれも標高が高く、富士山の眺望に優れます。富士山から見た方角は真北に近く、左右でバランスの取れたシルエットが素晴らしいです。片道数時間のアプローチとなることがほとんどで、カメラマンはあまり多くない山域でしょう。稜線は森林限界を超えないところが多く、高山らしい植物に囲まれて清々しい雰囲気を味わうことができます。

周辺・代表スポットの地図:

写真一覧

公開中の写真 全27枚: (うち12枚を表示中)

<< 前の 12 枚123次の 12 枚 >>