国師ヶ岳の朝焼けの写真̌̎薄焼けのシルエット̏̍

『 薄焼けのシルエット 』

★☆☆☆☆

斜光での朝焼けを望遠で切り取り。

ちょっと作品としては魅力の弱いカットですが、ご参考までに。

せっかくの朝焼けで雰囲気はいいのですが、富士山が霞んでしまってはどうしようもありません。

富士山は、雲海に朝焼け、または季節の花や樹氷など、いろいろな撮り方ができますが、
富士山が山である以上は、どうしても撮影場所と被写体(富士山)は離れており、間に空気があります。

ということで、大事なのは大気のヌケ。

「ヌケ」という言葉は風景や富士山を撮るカメラマンがよく使う言葉で、
大気に霞(かすみ)や靄(もや)がなく、遠くまで透き通っているかどうかを表す言葉です。
空気が澄んでいて遠くまで見通しが良い状態を、「抜けている」などと言います。

当たり前なのですが、富士山を撮るならヌケが大事!!
改めて痛感します。
鮮烈な写真は必ずヌケの良い写真です。
被写体が霞んでいたら、やっぱりインパクトがなくなってしまいますからね。

近頃は中国からの大気汚染(PM2.5)などの影響で、撮影環境は悪くなっていると言います。
(昔から撮っているカメラマンの話ですから、そうなんでしょう。)
そうは言っても、我々は何もできないのが悔しいですが。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月24日

自己評価: ★☆☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。