とにかく雲だらけの世界に、遠く佇む富士を見る…

連日曇りや雨が続いており富士山の撮影は難しいかと思っていましたが、
どうも少しは回復しそうな予感がして気にしていました。

富士山山頂の気象観測データで、山頂の気温がついに氷点下を示しました。

運が良ければ富士山の初冠雪をスクープできるかもしれない…

そんな願いも込めて、雨の国道を駆け抜け、霧の登山道を登りました。

そこに待っていた幻想の光景。

しかし、この姿を見せてくれたのはわずか10分程度のこと。

やはり天気が思わしくなく、ひどく曇っています。

気付けば東から流れてきた雲に飲み込まれて、あたりは霧に包まれてしまいます。
星も見えず、霧に包まれた山の中。
こんなところで朝を待つのはしんどいです。

今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、なんとか持ってくれました。

結局、夜中の晴れ間はこの瞬間だけ。
撮れたのは1カットだけという、貴重な一枚となりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年8月29日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。