雲海に光が入り、黄金に染まる瞬間。
ある夏の朝の一幕です。

この写真は、過去の写真を整理していたら見つけました。
蔵出しです。

深夜~夜明けの時間帯など、状況が刻一刻と変化していくので、
どうしてもシャッター数が多くなりますね。

そして疲れて撮影から帰ってくると、
ついつい少ない枚数をピックアップして、現像作業を終わりにしてしまったりします。

あとで見返してみると、「こんな写真がなぜ蔵に!」というのもあると思います。

この写真もシンプルで、そこまで特別なシチュエーションとはいえませんが、
光の入り具合が美しく、富士山の存在感が際立っていますね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月5日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。