上は月光、下は街明かりに照らされる雲。
上下の雲に挟まれて、幻想的な富士山がそこにいました。

日の出前に月が沈んでしまう微妙な月齢の中で、
一応月光撮影に間に合う時間に登山開始、という感じで出発しました。

あまりに見事な雲海だったので途中で寄り道撮影(雲海と月)などをしてしまいましたが、
この光景では勿体無かったですね。

なかなかのいい写真になった、と思いましたが
この日の夜間撮影はほとんど飛行機の光が入っちゃってます^^;

大自然の素晴らしい景観の中、空に人工的な光跡を残す飛行機…どうにかして欲しいものです。
世の中はますます飛行機が増える方向に進んでおり、
未来の夜の景観が脅かされています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月11日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。