清水から朝の光景です。

静岡遠征の帰り道に立ち寄った日本平。
神奈川自宅からだと遠いところですが、ちょうど帰り道だったので思いついてやってきた感じ。

ちょうど茶畑も見頃の時期で、あとは空が澄み渡っていれば良かったのですが
今年はあまりスッキリした日がありませんでした。
また、暖かくて目の成長も早かったので、茶摘みの時期も早めでした。

さてこの一枚はちょうど日が昇り朝陽が右側から差し込んできたシーン。

「雲海」とまでは行きませんが地表付近がガスっており、
斜光に照らされてドラマチックなシーン。

夜景の美しさも良いですが、このような霞んだ様子も素晴らしいですね。
真冬だとこのようなガスがほとんど見られないため、
なかなか良いタイミングで撮影できたと思います。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年5月8日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。