まだ富士山の撮影にあまり慣れてない頃の一枚です。
初めてのフルサイズの一眼レフを手にしてから、2日目のことでした。

前夜からふわっと流れてきた雲が、薄明の時間帯に異様な雰囲気となりました。
この後、劇焼けとなります。

このときカメラを買い替えたばかりでレリーズを持っておらず、
カメラストラップをボディに巻きつけて必至にバルブ撮影したのがいい思い出です。
露出時間が長かったので、ほとんどブレずに撮影出来ました。

カメラを買い換えるときはアクセサリーもきちんと揃えなければなりませんね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年4月13日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。