河口湖の桜と富士山の、日本らしい光景。
私の代表作のうちのひとつで、名刺の裏側の絵柄にも使用していたことがあります。

とにかくこの日は「好条件だった」の一言でしょう。
満開の桜と青空、そして逆さ富士も見事でした。

しかしこの一枚も「狙った」ものではなく、偶然撮れたようなものです。

そもそも、この日は雲海を狙って新道峠に行っていました。

ところが天気が悪く一向に富士山が見えないため、夜明け前に下山。

ちょうど桜が満開だった河口湖周辺は、日の出前からスタンバイするカメラマンで溢れていました。

元々、桜など撮る気がなかった私も、なんとなく人が集まっているところで日の出を待つことに。

そしていよいよ日が出ると、見事に桜に日が入って撮影タイムに突入。

構図の正解もわからず、とにかくいろいろなバリエーションで撮影しました。
そのうちの一枚が、これでした。
せっかく出ている逆さ富士を外したカットもたくさん撮っていて、
当時はまだまだ腕がなかったものだと思います。
良い一枚が撮れていて良かった。

そしてこの桜の木は、翌年から花付きが悪くなってしまい、また枝ぶりも変わってきています。
この時がベストの条件だったのではないでしょうか。


ちなみにこの写真の色味は、ある程度弄っています。
ソメイヨシノは実際はこんなピンク色をしていません。
ある意味、絵画的で、印象的になるように仕上がっています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年8月2日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。