巨大吊るし雲を正面から撮影した一枚。
一日中この雲を追いかけていましたが、富士市田子の浦から時計回りで山中湖・パノラマ台までやって来ました。

吊るし雲というのは、富士山周辺の地形や気象の条件のため、
ほぼ必ず富士山の北東側に出てきます。
山中湖からはやや左に見え、パノラマ台まで来るとほぼ真正面ということが多いです。

下から見上げるような吊るし雲は、大迫力です。
ダイナミックな画に仕上がりますね。

朝の発生からだいぶ時間も経ち、空も薄曇りという感じになってきました。

一度は日が陰ってしまい微妙かと思っていたのですが、待っているとすぐに晴れ間が回復。
隙間から太陽光が差し込み、富士山が再び白く輝きます。

そしてここで撮影中、この可愛らしい笠雲も登場しました。
吊るし雲+笠雲となりました。

吊るし雲は富士山の山体を風が流れることによって生まれ、
風が常に流れているため形が変化し続けます。

まるで富士山によって自在にコントロールされているように見えます。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月9日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。