4月に入り最初の撮影は、大雲海でした。

前日は雪の翌日の日曜ということで、多くの仲間達もここへ雪景色を撮りにやってきたようです。
しかし雲がほとんど晴れず撮影は厳しかったようです。

それから1日経って、また夜に少し雪が降る予報。

天気も今日の方が良さそうだな?と思って狙っていました。

しかし実際は夜中から雲が多く、予報にあるように晴れてはこない。

なかば諦めてしまい、夜の登山は止めました。

日の出の頃、御坂峠はガスの中。やっぱり新雪は降っているが撮影は厳しいか?


さて今日は撮影はやめにして帰ろう、と思って峠を下り始めました。

しかし、峠の雪景色が綺麗でやっぱり方向転換!

急いで着替え、カメラ機材や食料をザックに積めて登山開始。


展望地でもまだガスの中、先客に聞くと朝から一度も見えないと言う。

見上げると太陽が雲のすぐ向こう側に丸く見えた。

標高を上げようと山頂まで。

ちょうど富士山が頭を出し始めたところだった。


それからしばらくすると雲が少し切れて富士山の五合目あたりまでが見えるタイミングがちらほらと。

結局、これ以上雲海が下がることはなかったため、思ったような光景ではありませんでしたが、
ダイナミックな雲海と透き通った青い空は、まさに壮観でした。

富士山よ、今日も絶景をありがとう。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年4月3日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。