千葉県富津岬よりダイヤモンド富士です。
霞の向こう、太陽の前に薄雲が入っているのが印象的です。

当初撮影予定はまったくなく、時間ギリギリになってから急遽現地へ向かいました。

高速を駆け抜けて定刻の20分前に到着。
当初は岬にある展望塔から見下ろして撮影する予定が、バリケードが張られて侵入不可。

仕方なく海岸からの撮影となりました。

直前まで富士山の姿は霞の中に埋もれてしまい全く見えませんでしたが、
ライブカメラを見る限りでは西の空は晴れており、可能性はあると。

太陽が山頂に接近するとじわりと浮かび上がる富士山の影。
「あそこが富士山の山頂か!」と気付く瞬間はいつも感動しますね。

かなり霞がひどく、裾野までは見えませんが、山頂の形ははっきりと見えました。

望遠レンズで目一杯引き伸ばして山頂部のみの切り取り。

千葉県となるとかなり富士山から距離が出てくるものの、
富津岬は神奈川県方向にかなり突き出しているため、
神奈川から撮るのと思ったより距離感の違いがありません。

富士山から離れるほど相対的に太陽が大きく写りますが、
ここからだと神奈川県から撮ったそれとあまり変わらない印象でした。

富津岬は以前から行ってみたい場所だったので、
海岸を歩いたり周囲を散策したりと、雰囲気を楽しんでから帰宅しました。

新しい地に行くといろいろと感性も刺激され楽しいものです。
千葉県内からの撮影ポイントももう少し掘り下げてみたいと思っています。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年3月31日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。