私にとって強烈な印象が残っている、数少ないシチュエーションです。
なかなかこのような素晴らしい状況に出会うことはないです。

そのときの状況ももちろん覚えていますが、
写真というのはある意味で怖いもので、写真を見れば見るほど
その時のイメージは写真のイメージにこっそり塗り替えられて行きます。

その写真を何度も見れば見るほど、当時の様子が蘇るようで、実は忘れていく?
編集で味付けしてしまうと、さらに写真の印象が強まってしまいますね。

そういうわけで、この写真は2年半も前のものですが。
本当に当時の光景がリアルに目に焼き付いているかというと…
それでも、焼きついている光景だと思います。

この時、ギリギリまですっかり諦めて寝ていたという秘話もありますが、
なんとか夜明けの光に目を覚まして必死の撮影。

D800E/D700の2台体制で撮影し、メインのD800Eの写真だけ作品として残してしましたが、
サブ機のD700で撮った写真がまだ手を付けられないまま蔵に眠っていました。

ここ最近の撮影に比べるとシャッター数が少ないなぁという印象です。
こんなに良い光景なのにバシバシ撮ってない。

こういう状況では1枚1枚で雲が動くし太陽も出てくるし、
2秒に1回くらいシャッターを切りたいです。

少ないながらも当時、魂を込めて押し込んだシャッターでの一枚でしょう。
2年半の時を経て、広角・スクエアの作品が完成しました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年6月19日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。