新道峠から望む雲海と富士山の写真̌̎暗闇のステージ̏̍

『 暗闇のステージ 』

★★★★☆

河口湖上空の大雲海、真夜中のシーンです。

新しく購入したレンズのデビュー戦となりましたが、
いきなり本領発揮の素晴らしい展開となりました。

雨上がりで風が穏やかとなり、南風で湿度が高まったところに
北風がゆるやかに吹き込んでくる、また移動性高気圧に覆われる展開で
理想的な雲海発生が予想されました。

富士五湖あたりは確実にガスと読んでおり、精進湖方面も検討しましたが、
ライブカメラなどの映像を見ると雲海が高い可能性もあり、
より標高の高い御坂をチョイスしました。

この時期は例年雪が残るため道路は通行止めでしたが、
そのぶん混雑はなく、歩いて現場に向かいました。

到着すると、雲海に浮かぶ富士山を肉眼でも確認。
久々に興奮の高まるシーンでした。

さっそく新レンズを取り出して撮影スタート。

本来は天の川を狙いに来たのですが、まだ上空に薄雲があり星が見えないので、
雲海を主題にした撮影に励みます。

さすがF1.4のレンズは明るくて最高です。
ファインダー像が明るいので暗闇でも構図が決めやすいし、
わずかな光も拾ってくれる&ボケが大きいのでライブビューでのピント合わせもしやすい。

そして構図確認にしても、本番シャッターにしても、短い時間で撮影できるのが強いです。

古くからの撮影手法では、夜は長時間シャッターのバルブ撮影が当たり前でしたが、
近年はむしろ夜もさほどシャッター時間をかけない撮り方が増えてきています。

結局この日は夜明けまでバルブ撮影せず、ずっと感度高めで撮影していました。

絞りを開ければ解像度や周辺光量が犠牲になりますが、
やはり一番気にしたいのはISO感度かもしれません。
好みに応じて人それぞれのトレードオフの着地点があると思いますが、
今回撮影してみて、開放気味での撮影も十分アリだと感じました。

F1.8、30秒、ISO400でここまで写るのはかなり感動的でした。
ISO400のノイズの少ない画像に、シャッター30秒であまり動いていない雲海。
夜の雲海が波打つ表情がここまで綺麗だとは。

今まではバルブ撮影で雲海を平均化していたので、新しい表情を見た気がしました。
明るい単焦点レンズは夜の撮影の素晴らしきお供です。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年4月7日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。