以前にアップした『重なる時』の別カットです。

撮影時の露出や現像の方向性を大きく変えて、全く違う雰囲気に仕上げています。
太陽も少し沈む前のものを採用。

ある程度遠方から望むダイヤモンド富士というのは、
太陽高度が低い状態となるため、通過する空気の層が多くなり、太陽光が減衰しています。

その日の空気次第なのですが、太陽を丸く写すこともできます。

ただ、今回の距離と空気の状況では、正攻法で撮影してしまうと
太陽の周辺も露出オーバーで白飛びを起こして、丸く写ることはありませんでした。

そういうときは露出をアンダーに設定し、太陽が白飛びしないようにしてやると輪郭がはっきり出てきます。

おかげで周辺はほぼ真っ黒になってしまいましたが、逆に太陽を強調する狙いを持っての仕上げです。
肝心の?ゲートブリッジは、言われてみれば実はそこにある…という程度です。

昨今のデジタル処理では、黒く潰れた部分を持ち上げることはいとも簡単なのですが、
今回はあえてそうはせずダークな印象の作品としてみました。

この一枚の主役は、まさに太陽の存在です。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年4月2日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。