高い場所から富士山が見られたら、それでオッケー。
山へ行くといつもそんな気持ちです。

富士山との対話は、山に限る。
自分が高いところへ行けば行くほど、その視線からは富士山以外のものが消えてくんです。
高いところでは、自分と、富士山と、一対一です。
大山行男さんも、そんな考え方をしていますね。

この日は劇的な朝焼けはなかったものの、
わずかな隙間に紅い光が差し込み、一筋の彩りを添えてくれました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月19日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。