西側からのいわゆる「昇るダイヤモンド富士」は
朝霧高原や田貫湖で撮影されることがほとんどで、
その背後となると山深い地域ばかりとなるため撮影者はほとんどいません。

いつかこちらのエリアからダイヤモンド富士を撮影したいと考えたのは1~2年ほど前だったでしょうか。
タイミングは年に数回しかないため、ピンポイントで天気と予定を合わせて行かなければなりません。

富士山からなるべく離れることで太陽は相対的に大きく写り、
キラリと輝くダイヤモンド富士とはまた別の味が出ます。

ということでついに撮影できたのがこの一枚。
富士山まで約70kmの昇るダイヤモンド富士です。

気象条件や標高の影響もあり、思ったより太陽の輝きが強く出ました。
露出を抑えてなんとかぼんやりと太陽の丸い輪郭をとらえます。

人もなかなか踏み入らない、自分もなかなか訪れないこの奥地で撮影された
ダイヤモンド富士は正に新たな宝石の「発掘」でした。

おおよそ狙い通りの一枚が撮れたため、初日で撮影は終了。
長ければ3日ほどこの山域に篭もろうかと思いましたが、
無理せず翌日は別ポイントへ移動です。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年7月28日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。