富士山を撮り始めたばかりの頃に撮影した月光下の巨大笠雲です。
写真を見ていると懐かしいです。

まだ笠雲は撮影したことがなく、これが初めての撮影になりました。

ライブカメラをチェックする習慣も始まったばかりのこの頃、
明るい月の下に何やら笠雲らしきものが発生しているのを確認!

真夜中でしたが、急いで向かえばまだ撮影チャンスがあるかも!?と思い、やってきました。
何か前景にアクセントを付けてみたく、撮影地に選ばれたのは西湖でした。

思惑通りの良い光景に出会えました。
笠雲発生当時からは形が崩れてしまいましたが、まだ大きくて綺麗です。

月も沈む前の時間で、短いシャッター時間で明るく撮れますね。
(今になって気付きましたが。満月だったんですね。
サイドバーの朔望表示が便利です。→)

長秒露光で流した星と、笠雲の滑らかな動きが良い感じです。
実は夜に笠雲が撮れたのはこれっきりだったような?

急いで飛び出してきて正解でした。

ところで、カメラ2台並べて撮影していましたが、
この頃は構図の取り方が甘くて、メイン機よりサブ機の方が良い仕上がりになってしまいました。
どうしても初心者は広角で撮ってしまいがちです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月21日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。