初めての鳳凰三山で迎えた朝にて。

青木鉱泉から入り中道から登山していきましたが、
かなりの急斜面を5時間以上…思ったより疲れてしまい、日帰りの予定が一泊にしました。

一泊となると天気の予想も難しくなりますが、
朝焼けに雲海と好条件の朝を向かえることができました。

自らの足で切り開く新境地、正に「新しい朝」と感じました。

南アルプス・鳳凰三山観音岳より

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年4月16日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。