山中湖湖畔より吊るし雲を撮影しました。

ちょうど太陽が沈んでいくところ。

笠雲や吊るし雲など、突然の発生でもすぐに撮影に行けるのが地元の強み。

今回は笠雲発生時点で薄曇りだったため見送っていたのですが、
ライブカメラを見ていると形がなかなか綺麗なので、急いで家をでました。

しかし山中湖まで30分ほど掛かり、移動中に富士山の背後がどんよりと曇ってしまいました。

近くに住んでいても難しい…。

一応カメラを出して撮影してみました。

逆光に照らし出されて浮かび上がった巨大な吊るし雲。

非常に長く東へ伸びていました。

これで富士山の裏側が明るければ、良い作品が撮れたかもしれません。


富士山の近くへ引っ越すと、撮影への臨み方がまるで変わってきます。

「ちょっと良いかな」と思ったくらいで撮影に出ていると、
食事をする暇も睡眠をする暇もなくなってしまいます。

「今日こそはすごく良い」という日だけを狙わないと、クタクタになってしまいます。

そこを判断するのが、新しい難しさです。

判断を誤ると、逃したくない絶景も逃してしまいます。

やっぱり富士山は、いつも難しいのです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年4月20日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。