小山町須走より望む薄明のパール富士です。

今日は富士山に近いところでは薄明帯、遠いところでは日の出後のパール富士が見られました。
天気はバッチリ冬晴れでどこからも富士山を良く望むことができた朝。

私が選んだのは富士山に非常に近い位置、道の駅すばしりの付近です。

ちょうど月が山頂に掛かる頃、じわりと夜が明けて富士山がわずかに照らされました。

これがまた天気の面白いところで、あまりにも快晴でヌケが良すぎると1焼けが染まりにくいということが言えます。
1焼けは大気の霞みなどに反射して色づく現象なので、空気が透明すぎると反射光がなくなってしまうのです。

一方で2焼け(本焼け)は空気が澄んでいると強烈に照らされるようです。

そういったわけで、少し富士山の色付きは良かったですが、1焼けの紅富士と絡めたパール富士が撮れました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年2月12日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。