富士山に雪も乗り、久々に日周運動の撮影をしてみました。

前日までも撮影、この後も撮影の予定が詰まっており
クタクタでしたが、三脚を構えてタイマーをセットしたらそれで完了。

この1枚だけでもシャッター時間1時間以上に加え、
ノイズリダクションで同じく1時間以上待って完成しますが、
それを繰り返す設定を仕込んで車に戻って爆睡していました。

結果的には途中でもちろん電池も切れ、
なんと快晴予報だったのに雲まで出てしまい、最初のワンカットのみが成功。

しかも後半は激しくカメラも結露して散々な状況。
同時に撮っていたフィルムカメラも、雲や結露にやられて撃沈でした。

それから、暗闇での撮影のため、見えなかった人工物も
フレームインしてしまうなど、なかなか苦戦の多い撮影でした。

しかし心配したブレがなかったことと、
ひとまず1枚は形になったことは収穫。
それから、デジタルでのバルブ撮影で1時間以上も初めてでした。

そして、この写真のポイントが2つ。
1つは頭にちょこんと冠雪した初々しい姿。
富士山頂が鋭く見えるという効果もあります。
もう1つは富士スカイライを走る車の光跡。
邪魔といえば邪魔ですが、なんとなくそこに営みを感じられるのも良いことかと。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年10月31日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。