富士山撮影ポイント - 二十曲峠

二十曲峠より望む富士山/Photo by 富士山写真家 オイ
ふりがなにじゅうまがりとうげ
撮影ポイント名二十曲峠
標高約1,152m
富士山までの距離約18km 富士山の方向: 南西
所在地山梨県南都留郡忍野村内野
エリア山中湖・忍野村・梨ヶ原エリア
(当サイトで独自に設定しているものです)
アクセス・東富士五湖道路 山中湖ICから車で約30分
(忍野村田園地帯から峠道を10分くらい上がる)
・中央自動車道 都留ICから鹿留林道を経る
(12月~4月頃 冬季通行止め)
駐車場峠部のスペースに5~10台程度
トイレ情報バイオトイレ有
開放期間24時間365日
(ただし降雪後などは非常に危険。 すれ違い困難箇所多数、脱輪多発)
撮影定員15人程度
手前に木があり、位置によって前景が少し変わる
ポイント詳細峠の駐車可能スペースからすぐ富士山が望める。
東屋・トイレなどがあり、正面が撮影ポイントとして広く整備されている。
二十曲峠の地図:

二十曲峠の撮影ポイント情報

忍野村の平野部から車で峠道を上がったところがすぐ撮影ポイントです。
忍野村自体が高原地帯なので、山道を少し上がるだけで標高1152mに到達します。
峠までの道路は完全に舗装されておりアクセスは容易です(道幅は狭い)。
2014年頃から側溝の工事も行われ脱輪などの事故の心配が減ってきました。

自然に囲まれた環境で、古くから富士山の撮影ポイントとして人気が高いです。
山並みが左側から目の前に迫る構図が特徴的です。
忍野村平野部には雲海が出ることが多く、雲海も狙えます。

また夜間、星空などを撮影する場合は送電線に注意してください。
撮影ポイントのちょうど真上に送電線が通っており、広角で撮影すると映り込みます。
暗いと気付きづらいので、モニターで良く確認しましょう。

ここから見る富士山は須走登山道、吉田登山道の合流する尾根を正面にして
美しく形も整った姿です。夏の「人文字」を撮る場合にちょうと正面の位置です。
(山中湖村・花の都公園とほぼ同じ角度)

忍野村から峠までの道は冬季も閉鎖はせず通行可能ですが、標高が高いため
冬は路面凍結しますし、数十センチの降雪となる場合もあるため
進入しないほうが無難です。
ガードレールがない場所などもあり車が滑ると大事故の可能性もあります。

都留市から鹿留林道を経て峠に出る道もありますが、アプローチが長くなります。

二十曲峠は石割山や杓子山への登山口にもなっています。
(杓子山へ登山の場合は富士吉田方面から登るほうが近いです。)
光線状態朝は順光、夕方は逆光。
冬の朝は左後方からの斜光気味。
冬の夕方にダイヤモンド富士、夏は右側への日没。
前景の斜面に日が入るのが遅い(日の出から数時間)
撮影テーマ紅葉、新緑、夜景、雲海、雪景色など。
古くは桜などの写真が撮れたようだが、最近は咲かないよう。
ダイヤモンド富士が見られる時期(日没)
忍野村・二十曲峠付近毎年1月6~7日頃, 12月5~6日頃
忍野村・二十曲峠付近毎年1月9~11日頃, 12月1~3日頃

※年によりダイヤモンド富士の日にちが異なる場合があります。カレンダーもご覧ください。

リンク
- スポンサードリンク -
ご注意など
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 情報は執筆時点でのものです。最新の情報とは異なる場合があります。
  • 情報の転載はご遠慮ください。
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。