高尾山からのダイヤモンド富士、望遠バージョン。

「引き」も「寄り」もどちらも撮りたくなってしまうのがダイヤモンド富士。

しかし太陽の動きは思ったより早いもので、
見ているとあっという間に富士山の中に吸い込まれて行きます。

レンズ交換なんてしてる場合じゃないです。
これも既に、少し右寄りに太陽が動いてしまっています。

ちなみに太陽はだいたい斜め45度くらいの右下に向かって沈んでいきます。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年4月15日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。