”奇跡”とも言える虹と富士山の光景を目の当たりにしました。

虹は雨上がりの、ふつうは雲の多いときに出現するので
富士山と一緒に見ることはなかなかできません。
(そもそも虹自体、珍しいものですが。)

この日は台風一過となり、前日から何かが起きると期待していました。

前夜に雨が上がり、早めに行動を開始。

朝は「逆光での朝焼け」を狙おうと、西側の田貫湖へ移動しました。

そこでは空に雲は少なく、ピーカンの様相。

空も明るくなりはじめ、「期待外れか…」と落ち込んだ頃、雲が広がり富士山が隠れてしまった。

直前になりバタバタするとあまり良くないので、ダメ元でも晴れるまで待とうかと思った。

しかし、かなり雲が厚く回復の期待が持てない!と判断して、移動を決意。

ひとまず「とりあえず赤富士でも撮れればいい」と思って、向かった先は山中湖。

時間的には朝焼けに間に合うかどうかというところで、ギリギリでした。

しかし間に合わなかったらそれは仕方ない。最初の選択を間違えた、それが運命である。




結果的に、朝焼けの時間になんとか山中湖に到着することができました。

朝焼けのピークは、少しズレた位置からの撮影。

朝焼けが冷めてきた頃、より眺めの良いこちらの浜まで移動。

すると、朝焼けの頃に小さかった虹がどんどん大きくなり、アーチを描きました。

気づけば空にも雲が多く、隙間から照らされる富士山も不気味な雰囲気。

まさに「光と影」の芸術が目の前に広がりました。


本当に美しく、幻想的な光景。

富士山と虹の組み合わせは、写真でもあまり見たことがありませんでしたが、
ついにこの目で見て、出会うことができました。

感動的な朝でした。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年7月5日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。