昼下がりの精進湖で撮影したちょっとしたお遊びショット。
「お遊び」とはいうものの、様々な表現方法にチャレンジすることは、
イマジネーションを膨らませる上でも大変重要なことです。

富士山を目の前にすると、その偉大さゆえに
ついつい遠くの富士山ばかりに目を奪われてしまいます。

しかし、写真に写しこむにあたっては、富士山からしてみれば数十キロも離れた位置にある
こうした「石ころ」や、ありとあらゆるものが主役になり得ます。

こうした前景にフォーカスを当てた写真であっても、
背後で絶対的な存在感を放つ富士山のパワーには相変わらず圧倒されますね。

富士山という山は、あまりに巨大で、遥か遠くからでもその存在を確認できます。
ある意味で「非現実的」なこの山の存在ですが、
ふと足元に目をやり、身近な風景と一緒に富士山を写しこむことで、
富士山という山が確かにこの現実の延長線上に存在することを確認できるのかもしれません。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月26日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。