富士山の新しい一面をとらえる作品を撮ることができました。
夜明け前、山頂を目指して登っていく登山者達のヘッドライトの軌跡です。

こうして見ると一種の「お祭り」のようなものだと感じます。

富士山という山の魅力に惹きつけられ、こうして毎年集まってくる人々。
この日が特別に人が多いということではありません。
夏休みの時期ではありますが、この日も平日です。

富士山もパワースポットであるし、こうして人が集まっている状況にエネルギーを感じます。

当初は上から見下ろすアングルでの撮影を予定して登りましたが、
道中で良い場所を見つけ、見上げるアングルで撮影を行いました。

9合目の鳥居が目を引きますが、山頂の鳥居も見えています。
山頂には山小屋と、背後には星空も写っています。

結局、この渋滞にも巻き込まれて、山頂に着く頃にはすっかり夜明け。
上からのアングルは撮影できませんでした。

それにしても、これだけの人が集まるのは夏のシーズン期間のみ。
「富士山から望む絶景」であれば、ある意味、いつの時期でも撮れますが、
これだけ人の光が撮れるのは限られたタイミングのみなので、必死になって撮りました。
おかげで夜明けの光景はほとんど撮影していません。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年8月2日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。