パール富士の撮影のため、移動の途中で車中泊していたときに撮影した一枚。

富士山の西側で昇るパール富士を撮影して、
その足で、その月が沈むパール富士を撮影するために東側へ移動。

ちょうどその中間の南側の地点に、一時滞在していました。

夜中は、思わぬ雲の多さ。
西から湿った風がかなり吹き付けてきており、富士山は雲まみれに。

湿った風が山にぶつかると雲が発生するという理論です。
しかも見るからに強風。

ちょうど満月が西の空に傾いていくときでした。
左からの月明かりで雲は照らされています。

また、富士山の麓にある明るい光は、スキー場・イエティの照明。
あまりにも明るすぎ、夜景の邪魔をしているのでなんとかしてほしいものですが…。


20秒のシャッタースピードで雲の流れが面白く表現された一枚。

月明かりが明るいので、ISO200で撮影できました。

更に細かいところに目をやれば、宝永山の付近は雪が飛んでしまい黒くなっていて。
これは2日前までは、雪がついて白かったのですが、飛ばされました。

富士山も真っ白なら真っ白でそれは美しいし、
雪がまばらであればそれも繊細な模様を描いて美しいです。

雪の付き方ひとつとっても、様々な表情を見せてくれる。

それが富士山の面白さで、魅力でもあります。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年1月15日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。