北岳登山道の岩稜から望む夜明けです。
北岳2日目ということもあり、
天気的にも変化のない朝だったので、前景を取り入れてみました。

それにしても私の頭は、憧れの写真家「大山行男」氏に毒されています。

写真というのは前景を取り入れて魅せるのも重要ですが、
彼の写真は「富士山だけ」にフォーカスしていて、
高山に登ったからと言っても、こういった写真は全く見られません。

それが大山氏のスタイルであり、個性であり、一途な富士山への気持ちなのです。

私も同じように「富士山だけ撮ればいい」と思っていたのですが、
いろいろな写真を見ていると、そうではないものが当然のようにあります。

ない頭を一生懸命にひねって、前景を取り入れた構図に挑戦。
しかし前景を選び、上手く構図に配するのはとても難しいです。
これを計算し尽くして作品を完成させるのは、やはり相当な技術が要りますね。

同じ富士山を撮るにしても、
天気の移り変わりをひたすら待ってその光景を撮るのと、
自分の足で動きまわって巧みに前景を配する撮影とでは、
まったく別の技術や苦労があります。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年8月19日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。