数年前から撮りたいと思っていた夜景がやっと撮れました。
安倍川を挟み、静岡市街をメインとした夜景が一望のポイントです。

冬型でしっかりとしたヌケも期待できそうなことから、ちょっと遠いですが足を伸ばしました。

快晴での撮影チャンスは比較的多く、年に20~30日くらいは似たような写真を撮るチャンスがあると思います。

ピンポイントのダイヤモンド富士、ピークが数日しかない桜や紅葉、降雪直後でないと取れない樹氷、絶妙な気象条件が必要な雲海や朝焼けなど、「今日しかない」というようなシチュエーションが多々ある一方で、非常に狙いやすいのがこうした夜景です。

よって「いつでもいいや」と思ってしまい、なかなか重たい腰が上がらないのです。
これが富士山カメラマンの事情ですね(笑)

普段撮影をしな人であれば「雲ひとつない空で素晴らしい」と言うでしょうけど、カメラマンは裏腹なことを考えています。

とはいえ、ひとまず狙い通りの快晴で撮影出来たことは満足です。

F8のISO100をベースにシャッター速度を計算しながら撮影していましたが、
ベストタイムで撮れた写真はたった1枚。
前後のカットは夜景と空のバランスが崩れていて、この1枚だけが適切でした。

そういった意外とシビアな条件の中で撮れたこの一枚ですが、
あろうことかピンボケをやらかしました…。

疲れていてピントを合わせ損ねたか、あまりにも手前側で合わせすぎたか、
もしくはピント合わせ後にズーム操作をしてしまったです。
集中力の欠如が原因か?

手前の夜景にはしっかりピントが来ていますが、富士山がボケてしまいました。
とはいっても、長辺3000px程度にリサイズすると分からない程度です。
SNSでは問題ありませんが、大きなプリントには耐えないでしょう。

この場所はもう卒業!とも思ったのですが、やり直しリベンジ戦の可能性も出てきました。

また、ヌケはだいぶ良い方ではありましたが、少し白く霞んだ様子もあり、
「100点のヌケ」とは言えなかったようです。
寒気が入り込み、冷え過ぎたことが原因と見てます。
前々日の雨や雪の水分もあったでしょうし。

細かいことはいろいろと考えられ、次なる課題となりますね。

ところで実はこの写真には1つの良いポイントがありまして。

じつは、撮影中に新幹線が通ったらしく、新幹線の線路に光跡が残りました。

これがあると夜景のバランスを引き締めて整えてくれ、賑やかにしてくれます。
狙ったわけではありませんでしたが、これは良い誤算でしたね。

-

それから、安倍川の描写について。

akkoakkoさんと話した際に「安倍川の存在が良い」と言っていたのですが、
彼の写真を見るとその秘密がわかったような。

【PHOTOHITO】akkoakkoさんの写真
http://photohito.com/photo/4160602/

実は撮影時期が3月下旬で、太陽が富士山に近づいて逆光気味になるのです。
そのおかげか安倍川が良く輝いて存在を主張しています。

私の写真は、夜景の輝きに負けて、川の存在感はないですね。

撮影時期により、似ているようで違う表現の写真が生まれることもあるわけですね。
細かいところで、ひとつひとつが勉強になります。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年2月4日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。