空撮で富士山に大接近した際の一枚。

2016年に開催の写真展『fuji・monochrome』のメイン作品とし、
モノクロ仕上げとなっています。

写真展詳細:
http://fujisantotomoni.jp/blog/information/fuji_monochrome_rebecca

この写真は案内用DM、限定版名刺、ポストカードにも使用し、
展示ではA1ノビの巨大サイズにて展示しています。

タイトルのbacksideは「裏側」という意味合い。

静岡県側から見た富士山を「表富士」と称するのに対して、
山梨県側を「裏富士」と表現する場合があります。

また、この時の撮影ではちょうど太陽に向かっての撮影で、
光の方向に対して「裏」という意味も込めてあります。

太陽高度も高くなってきており、少し斜面に光が当たっているのですが、
完全な順光ではなく、絶妙に光と影が入り交じる絶妙な表現となりました。

この年は暖冬で冬になっても雪が少なく、
白と黒が繊細に入り交じる冠雪の様子も、最高の表情だったと思います。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年3月3日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。