濃密雲海の朝、夜明けも近いというシーンです。

雨の後、冷え込みがあると甲府盆地ではよく雲海が見られます。

低気圧が東へと抜けるパターンはこの年も何度も見ており、
どのような雲海が出るかはイメージできていました。

また東に雲が残り、朝焼けにはならないことも承知の上での出撃。

そのイメージは驚くほど予想通りの光景になっており、
しかしその迫力の雲海、朝日のパワーなどを感じながら撮影しました。

広がる大雲海、雲のリズム、そういった大自然を感じていました。

夜が明け始めると、空の色は一気に明るさを増して、
うっかり油断するとカメラの設定も間違えてしまいます。

撮影のときは、集中力も大切です。

動きの早いシーンでは、たった1回しかないそのチャンスを逃さぬよう、シャッターをキリたいところです。

このときもなんとか、街明かりでオレンジ色に染まる雲海と
明るみつつある空を同時にとらえることができました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年1月8日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。