非常に珍しい高さの絶妙な雲海を、15分以上の長時間シャッターで撮影した一枚。

インターネットをしていると、ツイッターやニュースなどで
「濃霧注意報」が出されているとの情報を入手しました。

富士山の撮影をしていると霧に遭遇することは良くあるにしても、
濃霧注意報というのはあまり聞きません。

撮影に出てみると、普段はなかなか霧の出ない神奈川の平野部なども
確かに霧っぽくなっており、いつもと違う様子が伺えました。

しかし空を見てもなんとも言えない微妙な状態で、
果たしてどこからどのように見えているのか、その場に行ってみないと分からない状況でした。

そして撮影場所の山の上まで到着すると、圧巻の光景が待っていたのです。
目の前に広がる大雲海、これは見たことのない、憧れの光景でした。

感動に手が震える中、素早くセッティングを行い、じっくりと撮影しました。

結局この日は、伊豆からも駿河湾に掛かる雲海が見られるなど、
やはりいつもとは一味も二味も違った、貴重な光景が各地で見られたようです。

今後も濃霧注意報には期待したいです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年4月28日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。