富士山頂より見る吊るし雲の塊。

目の前に浮かぶ迫力の姿が、後光に照らされさらに力強さを増しました。


吊るし雲が発生する条件のときは、笠雲も発生する可能性が高く、
山頂部分が雲に覆われてしまい視界がなくなるケースも良くあります。

今回も早朝は濃いガスに包まれ視界なしに。

しかし回復を信じて待つと、徐々にガスが切れて視界が開ける時間が増えてきました。

そこに待っていたのがこの吊るし雲。

笠雲や吊るし雲は常に素早く形を変えていくので、1枚ずつ違う形の写真が撮れていきます。

ちょうど太陽が雲の裏に入ると、より雰囲気のある光景に。

裏からこぼれてくる光、そして上空に広がる雲、下界に広がる雲海。
全てが相まって神々しい光景でした。

ちょうど下界の雲が晴れたところに見える山中湖も、ナイスアクセントです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年7月26日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。