真っ白な富士山です。

11月としては異例の降雪があったこの日、富士山周辺も真っ白となりました。

真冬の1月や2月の雪は、乾燥している上に風が強いことが多く、木々に着雪しづらい条件となります。
木々に雪が乗るのは、比較的暖かい雪で、かつ風がないと落ちにくくなります。

雪景色は「寒そう」という印象を与えますが、木々に雪が乗っているのは実は初冬や春の光景が多いです。

今回は11月の雪で、気温も比較的高く、雪の後に風がなかったのが特徴的でした。

朝も雪景色が楽しめましたが、日の出以降も風がなく、着雪が楽しめました。
(翌日もまだ比較的雪が残っていました。)

朝は十里木で撮影していましたが、エバーグリーンラインを使って富士山を登っていきます。
そして水ヶ塚公園へ。

風もなくしっかりとした雪は、朝から衰えることなく残っていました。
この日はどこか安心してゆっくり撮影できるほど、穏やかな天気。

日差しが射してくるとさすがに雪は少しずつ落ちてきますが、この日はだいぶ粘っていました。

おかげで、すっかり青空となったこの時間でも、真っ白な富士山。

上から下まで真っ白な富士山は、眩しくて魅了してくれます。

それでもよく見ると、宝永山のあたりや7合目あたりは、地肌が少し見える状態。
下の方は湿雪でしたが、上の方は乾雪で、地肌を覆うことはなかったのだと考えられます。

標高によって気温が違うため、雪の性質も変わってくるようです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年12月2日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。