巨大な吊るし雲と笠雲の共演。
本栖湖から撮影を楽しむことができました。

この日は朝焼けを狙って本栖湖入り。

朝は高曇りになりちょっと朝焼けがありました。

今までの経験から、朝焼けの後に晴れて笠雲や吊るし雲が出るケースもあるとわかっていました。
天気図や風向きを見ると、笠雲・吊るし雲の発生は予想出来ていたので、
朝焼けの後はどこで撮ろうかと迷いながらひとまず本栖湖で待機。

すると高層の雲は晴れてきて、予想通りの笠雲・吊るし雲が発生。
我ながらよく予想できたものです。

ただ、さすがに細かい形まではわかりません。
山中湖側から吊るし雲を前面に持ってくるか、あるいは西側から撮ったほうが形が綺麗か。

考えたところ移動する時間も命取りなので、本栖湖に待機。

しばらくは笠雲・吊るし雲の形が整わない時間が続き、
車の中で待機しつつ、時折車から下りて撮影。

そのうち、最も笠雲・吊るし雲の形が綺麗だったのがこの瞬間でしょう。

特に吊るし雲が美しく、綺麗な円盤型。
笠雲は本当は頭から離れていればベストですが、これもまた面白い雰囲気だと思います。

なかなか賑やかで楽しげな一枚が撮影できました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年1月24日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。