日没後、月が昇ってくるタイミングの残照のパール富士です。

ダイヤモンド富士は太陽の光源だけでほぼ表現されますが、
パール富士は、月の満ち欠けによって形も違ってきますし、
また太陽光の状態で、非常に多彩なパターンが存在しています。

今回は西に日が沈み、富士山がうっすらと夕焼けに染まる頃。

あたりは暗くなっているため、月の輝きが強く放たれています。

実はこの日の撮影は当初考えていなかったのですが、自作したアプリがそのタイミングへと導いてくれました。
スマホの画面でふと見かけポイントへ、向かったのでありました。

南部町の佐野峠には、誰一人もいませんでした。
私がカメラをスタンバイしている間に、何台もの工事関係車両が峠を下って行きましたが…
カメラマンは誰一人おらず。

三脚を構えて日没を待ち、その定刻を一人で待っていました。


空は快晴、日が沈んで富士山がぼんやり照らされる頃、
まずは山頂に舞う雪煙が、背後から昇り来る月明かりに照らされるのがわかりました。

いよいよ月の出。
ぼんやり浮かぶ富士の背後から、そっと、そして力強く輝きが溢れ出す瞬間は、興奮でしかありません。

雪煙も相変わらず月明かりに照らされ、山頂を縁取るように輝きました。


非常に渋くて、雰囲気のあるシーン。

予想外に湧き出した雪煙は嬉しいサプライズ。非常に良いアクセントとなりました。

月の動きは早く、また沈みゆく太陽に富士山の色も変化する。

非常に動きの早いシーン、なおかつ月の光によるゴーストの映り込みなどに注意しながらひたすらシャッターを切り続けました。


青空のようなシーンではあまり変化がなくのんびりしてしまいますが、
雲が出ていたり、月が動くようなシーンは、非常に忙しく、スピーディな撮影が求められます。
油断しているとほんの数秒のシャッターチャンスを逃します。

一瞬も気は抜けない。集中力を切らせてはいけない。

冬場は雲が出にくいので、少し忘れていたこの感覚。

必死に集中して、無我夢中の撮影をしました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年1月15日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。