力強い朝焼けとなりました。

天気の移ろいをチェックしていると、朝焼けが起こりそうな展開に。
「明日は可能性が高い」と思えた瞬間に、もう迷いは消えました。

イメージはバッチリ。
夜明け前から田貫湖に入って朝焼けを待とう。

期待度は高い。だけど最後はどうなるかわからない。

「明日はどんな富士山が見られるか」という予測を毎日続けてもう2年くらいになるでしょうか。
イメージが湧かない時もある。
でも、そういうときはそれなりなんです。

急にイメージが降りてくる時もある。
そんなときは、迷いなく目的地を決めて、清々しい気持ちで待つ。

今日はそんな日でした。

あっさりとイメージが湧いてきて、予想した光景が目の前に現れました。
強いて言えば、予想を上回る光景でしたが…

焼けるも自然、焼けぬも自然。
どちらに転んでも、受け入れるのみです。

その中でも自分の中で少し大事にしているのは、「驚かない」ことでした。
自然はときに人間の想像を絶する姿を見せつけてきますが、
それを事前に察知して想像するのが私の仕事。

そういう意味では、自然に驚かされっぱなしではなく、自分で「掴みに行く」ような写真も良いのかなと。

そういうことで、今回は描いたストーリーを辿るように、この朝焼けに巡り会いました。
見たこともないほど迫力のある空に感動はしましたが、どこかに冷静さもしっかり残して。

撮るべくして撮った、自分の力で掴み取った一枚と言えます。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月30日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。