赤石岳の朝です。
雲間から射し込む朝陽が印象的だったシーン。

この日は空に薄雲が広がり期待の朝でしたが、
どうも中途半端な朝焼けに終わってしまいます。

しかし高山の朝はまだまだ諦められない。
曇っていても富士山はよく見えるし、
太陽が近くにあるシーンではどのような動きをするかわからない。

先日の北岳でも雲と太陽のいたずらにはかなり翻弄されましたが、
今回もまた振り回されました。

朝焼けの撮影も終わり、空はどんより暗くなって撮影終了の合図。

カメラを片付け始め、「そろそろ小屋に戻ろうか…」
なんて思っていた矢先にこの光です。
雲間から太陽の光がこぼれて美しい光芒。

富士山の手前に湧いてしまった雲が作画には今ひとつで、
今日はもうダメだろうと思っていたのですが、
これだけ光の演出があれば悪くないシーンです。

わずかな時間でしたが、必至で撮影しました。

コントラストがあり、久々にほぼレタッチ不要の写真でした。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年10月11日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。