高ボッチ高原の夜景と朝焼けの写真̌̎煌きの夜ٮけ̏̍

『 煌きの夜明け 』

★★★☆☆
Nikon D800E / SMC PENTAX 67 105mm F2.4

空気が済んでくると100km先の富士山が見える、
定番ポイントの長野県高ボッチ山へと久々に訪れました。

深夜1時まで櫛形山で仲間と撮影していましたが、
条件的にはコチラで撮りたい!と思い深夜の大移動。

残念ながら雲海らしい雲海とはなりませんでしたが、
薄く掛かったガスが幻想的でいい光景。

富士山もバッチリ見えるし、良く見るとしっかり冠雪している様子もわかります。

夜景がまだ残り、空が明るくなってくるマジックアワーに
しっかりと定番の一枚を撮らせていただきました。

望遠レンズを点検に出していたため、この日はPENTAX67用レンズで対応。

周辺光量落ちがほとんどない、ピントの無限遠が一発で出せる、
また夜景の光条も8本でビシッと出るなどのメリットもあります。

逆にデメリットは、解像度がやはり少し不足してしまう点でしょうか。
富士山の撮影に際しては、手ぶれ補正やAFもなくて良いため、実はほとんど問題はないのです。

この日は、甲府盆地には高めのガスが出ていましたが、
諏訪湖の上のガスはそれより低いです。
やはり地形的には山梨と長野は分離されており、
雲海の発生条件などは異なるようです。

普段は山梨の天気ばかり研究していますが、
たまに長野の天気も読まなければなりませんね。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月3日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。