雪が降ったら、雪景色を狙え。
今年も三つ峠に出撃しました。

正直なところ、「雪景色」をテーマにすると、撮りたいポイントは10箇所以上あると思います。
雪は日が昇れば溶けてしまい、雪が上がった直後しか撮影チャンスはありません。

1回の雪につき1箇所のみ。
さて、どこの雪景色を狙おうか?

考えましたが、結局いつもの三つ峠に来てしまいました。
今回は神奈川などは雪ではないし、標高の低いところでは雨の可能性もあり、無難な選択となりました。


風が強いことは予報で分かっており、雪が落ちてしまっていないかが心配でした。
風が強い場合は嫌な雲が富士山を隠してしまう可能性もあり、懸念していましたが、
ライブカメラを見る限り晴れているので、撮影に向かいます。

今回はかなりの降雪があったように見えて不安だったのですが、
案の定、いつもより多めの雪に苦戦します。

御坂峠トンネル入り口から旧御坂峠方面へ入ると、積雪20cmほどあり、
車高の低い軽自動車ではギリギリの路面状態。
何度もスリップを繰り返し、いつスタックしてもおかしくないようなギリギリの状態で進みました。

最悪、途中に車を停めて歩こうかと思いましたが、ギリギリのところで駐車場に到着することができました。
雪が深くて駐車も困難です。
本来の登山口まで到達できず、手前のバス停横に駐車したのは言うまでもありません。
車で無理はしないほうが良いでしょう。

今回は強風の予報でしたが、雪質によっては、強風に拭かれても枝にしっかりこびりついているパターンもあるります。
そういった可能性も考えながら登山したのですが、標高を上げるに連れてガッカリする光景でした。

風が強いところではすっかり雪は落ちていて、黒々しい枝がむき出し。
これでは雪景色は期待できないかもしれないと肩を落としつつも、ここまで来たなら登らなければいけないと頑張ります。

この日は山荘ジープの轍がなく、20cmほどの積雪の中の登山で、非常に疲れました。
疲れて休み休みになり、いつもより大幅に時間を消費してポイントに到着すると、
まさかの空が明るい時間でした。

だいぶ早めに到着するつもりが…かなり時間が掛かってしまったようです。

そこでなんとか撮れた一枚。
まだ夜景が残る時間のものです。

雲海がないなら夜景も良いアクセントですね。
到着してみると、コチラ側の斜面は意外と雪がついていて、ひとまず安心でした。

なんだかんだ言いつつも、ある程度は狙い通りの雪景色が撮れたのは良かったです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年1月23日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。